2014年11月16日 「最後は充実した 顔をしていたような気がします」

Print Friendly, PDF & Email

キッカケややり方は人それぞれだなー、と。
つくづく思います。
今回の研修参加者の皆様は、最初は社命で、とおっしゃってましたが、
だんだんとノリ気になっていたただけたのではないかと、私も感じることができました。
また、メールを頂いたこの方のように早速飲み会で実践された方もいれば、
ご家庭で試された方もいて、
そんな風にいろいろな実践のお話を聞くと本当に研修の仕事はいい仕事だなと。
ご本人の許諾を得てご紹介させていただきます。

週末は、研修が終了した翌日の土曜日に気のあう後輩4人と飲みに行きました。
もちろん目的は楽しく飲む事ですが、個人的な目的はコーチングの実践です。

実験みたいで後輩には悪いと思いながら実践をしましたが、開始20分ぐらいで
一人の後輩に「いつもと違う、何かを意識しながら話している」と指摘されました。

まさにその通りでコーチングを意識するあまり、それが周りに伝わってしまった ようです。
もちろん2日間の研修でコーチングをマスターしたとは思っていませんので、こ れからも
日々の実践を意識しながら活動をしていきます。

また、研修の気づきについてですが、研修を受ける前からリーダシップやマネー ジメント
には興味を持っており、その中で理想を自分で作り、自分なりの考えを持って臨 みました。

その中でまず、頭の中で描いているものと実際に実践した時のギャップを感じま した。
ギャップといってもいい意味で出来ていないと捉えており、この年(31)で気づ けたのは
良かった思います。

特にそれを感じたのが2日目の会議を想定した実践の時ですが、誰も時間を管理して
いませんでした。
普段から人が動く、という事は料金が発生するという事を意識し、その中でいか に効率よく
自分で決めた時間内で出来るかを意識しているつもりでしたが、研修の場所で出 来なかった
という事は普段もできていないという事につながるのでそこは気づけてよかった です。

もう一つは改めて、人それぞれ考えた方が違い、それを同じ方向に向ける難しさと
楽しさに気づく事ができました。

もちろんこれ以外にも知識として知らなかった事もあり、色々な事を知れて良 かったです。

最後になりますが、研修を受講して、周りの人にも受けてもらいたいと思える研 修でした。
それは今回参加した方々が、最初は「会社の指示で」と言いながら最後は充実した
顔をしていたような気がします。

また、弊社の人間がお世話になるかと思いますが、その際はよろしくお願い致ます。