8月19日「褒められない自分と、叱り方が下手な自分に気づかされました」〜IT技術者のためのリーダーシップとチームビルディング

Print Friendly, PDF & Email

8月19日〜21日の3日間、福岡ソフトウェアセンター様にて「IT技術者のためのリーダーシップとチームビルディング」研修を実施いたしました。

受講者の方から以下のような感想をいただきましたので、ご紹介いたします。


研修の中で、「今まではやってはいけないことをやっていた」ことに気づかされました。
部下の褒め方が上手ではないと感じますので、今回の研修をもとに上手になれるように心掛けたいと思います。


自分の今の立場また、これから上に行くにあたって非常にためになる研修です。
吸収すべきことが多すぎて、自分の中で噛み砕くのも大変ではあります。
また、自分の上司などにも受けていただきたいし、社に戻ってポイントを絞り情報を共有したい内容です。


リーダーとしての役割が漠然としていたものが、明確になった気がします。
ロールプレイを通じて体験できる研修で、非常に有効でした。
漠然と聞いていた・知っていたことが明瞭になり、手法や知識も得られ、とても有益な時間だった。
講師の説明が丁寧で、話す速度も聞き取りやすかった
またテキストや講義もわかりやすくまとめれていたし演習も楽しかったため、非常に受けやすかった。


体験をしながら学べたことが良かった。
実際にやってみないとわからないことが多かったのでとてもよかった。


さすが、リーダーを普段からやられている方々との研修ということで講義中、演習中のコミュニケーションスキルの高さ、問題解決までのアプローチの力が高かったと思います。
そのため、講師の方だけでなく参加者の方々からも刺激・教えられることが多かったと思いました。
楽しく研修ができてよかったです。


ディスカッションを取り入れながらの研修であったため、理解しやすかった。
研修方法も硬いものではなく、講師も冗談をいれていただきながらであったため、集中力を切らすことなく、3日間を終えることができました。


コーチングについては、部下に考えさせる、という点は今まで実践していたと思いますが、具体的な方法を聞き、実践できたことはよかったです。

チーム内でビジョンを策定してみたくなりました。


講師の方からも、最終的にアドバイスをいただき有意義な時間を過ごすことができた。
「叱る」も大事。との事だが、自分には出来ていないと感じたこと。
自分がやっていたのはティーチングが多かったと反省しました。


褒められない自分と、叱り方が下手な自分に気づかされました。