6月3日 「口調が社会人として相応しいなかったり、論理的に話せていなかったりすると、とてもいやそうな顔をされていた」 新入社員研修(ビジネススキル)に感想をいただきました

Print Friendly, PDF & Email

入社員研修(ビジネススキル)に感想をいただきました。

最後まで直接お目にかかれずにZOOM越しのやり取りでしたが、何とか終えることができました。

受講者の皆様と事務局の皆様に感謝申し上げます。

また、感情を表に出さないように精進いたします。(^^


どのグループ、個人の発表にも質問をしてくださり回答が難しい質問の中には私では答えられないものがあり発表を隅々まで見て、聴いているのだなと思いました。
最後のプレゼンテーションでは発表後にアドバイスをしていただきありがとうございました。

4日間ありがとうございました。最後にmiroを見返してみると、このような難しい課題をよくこなしたなと思い、乗り越えてきた自分に自信がつきました。発表する回数も多く緊張感のある4日間で、人前で話すことに少し慣れることができました。これらの経験は現場で必ず活きると確信しています。

全体として非常にわかりやすかった。所々で実験(例えば10個前後の言葉を記憶しようとした際、最初および最後の言葉は覚えているものの真ん中の言葉は忘れているなど)を挟んだことでより深い理解につながった。

今日学んだたくさんの技術を有生さんが一番使っていて、とても見本としてわかりやすかった。話し方も、ゆっくりであったり、抑揚をつけたり、とても聞き取りやすかった。また、朝一番ではストレッチを行ったり、アイスブレイクなど基本がすべて詰まっているきがしたので、有生さんを見習っていきたい。

4日間のビジネススキル研修でたくさんのツールを用いて研修を受けてきました。ミロでは、初日は付箋に文字を入力することしかできず、同期があっという間に使いこなすのを見て焦りました。4日間使用してきて必要最低限の操作はできるようになったと思いましたが、今後更に難しいツールを使用して仕事を進めなければいけないことばかりだと思います。使ったことがないから、周りがやってくれるから、という姿勢を捨てて、周りに技術的差をつけられないように日頃から前向きに取り組みたいです。

プレゼンの最後に褒めていただけたのが嬉しかったです。先生のように豊富な知識を持った社会人になれるように今後も精進してまいります。4日間の研修ありがとうございました。

発表前に緊張のほぐし方であったり話し方の鉄則などを教えてくださって、緊張を取ろうとして下さっているのが伝わってとても嬉しかったです。全員のプレゼンテーションについての感想もいただいて、みんなを見てくださっているのだなと感じました。ありがとうございました。

各グループのプレゼンテーションの良い面悪い面をチャットに記すことで自分の発表において継続すべき点や改善するべき点がよくわかりました。また、1人1人に対して個別に発表の感想を下さり今後の役に立つと思いました。4日間ありがとうございました。

今回の研修は座学で学ぶというよりはとにかく自分たちで考えてやることが多く頭をずっと使っていたのでいつもより理解できた量が多く感じました。実践しながら自分で必要な情報を自分なりの理解をしたうえで使っていたため身につく感覚も感じられたので良かったです。

 4日間のビジネススキル研修では、研修の内容だけでなく、有生さんの話し方や質問の仕方などどれも勉強になるものばかりでした。話の具体性をだすために実体験をもとに話すことは非常に説得力のあるものだと実感しましたので、日常生活でも取り入れていきたいと思いました。

zoomという限られた環境で、難しい題材についてプレゼンテーションを作成・発表することは非常に大変でしたが、難しい課題を用意してくださったのは「困難が人を作る」からなのだと納得しました。

話し方など、行動面については、実例や実演などをしてくださりましたので、感覚が少しつかめるようでわかりやすかったです。

四日間この先IT業界に限らず一生使える知識の講義をありがとうございました。教えていただいたことを今後実践し必ず自分のものにしていきたいと思います。

四日間、基本的なビスネススキルを学びながら、時折ユーモアのある小ネタを挟んでいただけたので楽しみながら学ぶことができました。今回学んだことを仕事で活かせるよう頑張っていきたいです。あと有生さんの弟さんのラーメン屋にも行ってみたいです。有生さん、四日間研修をしてくださり誠にありがとうございました。

チームの発表の後にいただいたGOOD、TRYを読んで、今後のプレゼンテーションの発表に生かせたらいいなと思いました。

有生先生がおっしゃていた「言いたいことが10あったら3に減らして話す。」ということは重要であると感じました。話したい内容が多くある時に、私の場合だと欲求に従って全て話してしまいそうになることがあります。しかし、そこで一歩踏み留まり、相手の存在を考えて発言することがわかりやすいプレゼンテーションに繋がると、頭に入れて考えていきたいと思いました。有生さんを観察するだけで参考になるほど、私たちにとって良い見本になっていた。抑揚、間の取り方、パワーポイントの資料など、どれも感心させられるもので、見習うべき箇所が多々あった。4回の研修を通して、常に「なぜそう思ったのか」を考えることが大切であるということを有生さんから学んだ。アドバイスが的確で、思わず頷いてしまうことが多かった。

わかりやすかった点は、パワーポイントの見やすいレイアウトやカラー使いです。私は見やすいパワーポイントを作るのが苦手です。しかし、レイアウトやフォントの統一感、段落数を5以上にしないことなどのルールを守ると、見やすくなるということを教えていただけたので役に立ちました。今後はスライドマスターや、お土産にいただいたスライドも用いて作ろうと思います。

プレゼンテーション後にグループ全体に向けてではなく、各個人に対してのフィードバックをいただけたことが非常によかった。自分では気づくことのできないよかった点や悪かった点を、客観的な視点から伝えてくださったので勉強になったと同時に少し自分に自身を持つことができた。

最後のプレゼンで、良い点と悪い点を各チームごとにチャットで共有していただけたため、全員からのフィードバックが得られて嬉しかった。自分では気が付かないことも多かったので、今後の発表に生かしたいと思う。

4段階法の部分で、どれが高度でどれが取っつきやすいかを説明してくださったのは良いと思った。理由は、何から挑戦していけばよいか明確になるためである。

4日間ありがとうございました。色々な知識を知れてとても楽しかったです。あと、言葉遣いに注意いきたいと感じました。有生さんが質問をした際に、答える側の口調が社会人として相応しいなかったり、論理的に話せていなかったりすると、とてもいやそうな顔をされていたので、これが大人からみた反応なのだと知り、注意していきたいと思いました。