IT技術者のためのドキュメンテーション研修に感想をいただきました。
研修報告書の一部です。
ご紹介させていただきます。

まず研修の特徴ですが、相手にとってわかりやすい文章の書き方やルールを学び、また実戦形式の演習を他の研修よりも多く行う事が特徴でした。その他の特徴としましては「楽しく」をモットーに行われた研修でしたので、リラックスしながら受けられる研修でした。

次に研修の良かった点ですが、日本語の紛らわしい文章は読み手を困らせるので、結論を明確にした簡潔な文章を書くべきと再認識できたことが良かったです。また普段何気なく書いているメールについても、紛らわしい文章にならないよう気を付けたいと思いました。例えば、「伝票を処理する」という表現は、相手によって「伝票を廃棄する」と捉えられることもあれば、「伝票の内容をシステムに入力する」と捉えられることもあります。そういったあいまいな文書をなくし,明確な文書を心掛けていきます。

次にこの研修を薦める受講対象者とその理由ですが、対象者は新卒の新入社員と考えます。なぜならば、今回の研修では文章の基礎の部分も学ぶことができましたので、正しい日本語の書き方を学んでほしいという意味で今回の研修を新入社員へお薦めします。

 最後に、2日間講師を行って頂きました山崎有生様、ありがとうございました。