10/21〜23日の3日間、名古屋ソフトウェアセンター様で「IT技術者のためのネットワークセキュリティ」研修を実施いたしました。
この研修は通常は2日間の基本研修に、ファイアウォールの実機演習を加えたもので、演習に必要なネットワーク基礎知識と実機での確認方法についても解説して3日間の研修となっております。
実機を使用することで曖昧な知識は整理されて、「使える」自信を持てると好評いただいています。

受講者の方からは以下のような感想をいただいています。


イメージだけでなく、実機を触れたのが非常に良かったと思います。実例のネットワークセキュリティ問題の対処法も説明してもらえたのがよかった。


認証やSSLは今までコトバだけで理解していましたが、イメージでつながりすらすら説明できるようになりました。


3日間は長いかと思っていましたが、実際に研修を受けてみて理解するには必要な時間だと感じました。


技術的基礎、演習が重視されており、身になり、発見がありました。
普段ソフトウェア開発を業務として行っていますが、インフラの人と一緒に演習できることは良い経験になりました。


小規模ネットワークでも構成を考えるのは非常に大変だし、セキュリティ対策をするのはものすごく大変だと感じることができました。