9/26~27に、にいがた産業創造機構様で「システム開発におけるレビュー技法」研修を行いました。受講された方から、たくさんの感想を頂き感謝しております。その一部を紹介させていただきます。

先日は、上記研修について、ご丁寧なご指導を頂きありがとうございました。
主題であったインスペクションレビューについて、現在携わっているプロジェクトが小規模の為、そのまま実践は困難だと思いましたが、その技法を理解する上での考え方は、役割ごとの意識の持ち方は、大変参考になりました。
今後のプロジェクトに活かしていきたいと考えております。
現在、多くのシステム開発者が直面する問題を抱えております。
その為に、どうすれば良いか皆で、話し合いもします。
皆のスキルを上げるしかないと思うのですが、その一環の研修参加でした。
自分のやっているレビューが何にあたるのか、弱点は何か、それを補うにはどうしたら良いか。いろいろ考えさせられました。
是非、開発の皆に、感じたところを伝えていきたいと思います。
講習内容は我々の業務改善に非常に役立つものと思いましたので、順次技法を取り込んでいきたいと思う次第でございます。
2日間にわたりご指導いただきありがとうございます。
私は、最近上流工程も行うようになる中でレビューの難しさにいろいろと悩むことも多い状態でした。
研修で得た内容を自社の形に合わせたうえで組織的に運用できるまでには相当な努力が必要かと思いますが、今回の研修が無駄とならないよう進めていきたいと思います。