2011年06月29日 素直さは才能である

Print Friendly, PDF & Email

 中小企業診断士などの資格試験を指導していて、また、公認会計士や
弁護士などの難関資格の合格者と話していて、分かったのは合格までの
期間が短いひとは「素直」であるということです。
 ビジネスの世界でもそれを感じます。出来る人はまず素直に上司や先
輩の言う事を聞いて(もしくは真似をして)その通りにします。そして
、その後にはじめて自分のアレンジを加えるものです。
 今回頂いた感想を読ませていただいて、その思いを新たにしました。
(私の中小企業診断士への挑戦は3年かかりましたが…)


以下、研修を受けての感想です。

結論は、私にとって今回の研修はとても有効でした。

理由は3点あります。
1点目は、実践(商談時)に近い形で行われ、弱点を認識できたからです。

2点目は、報告書やプレゼン作成の過程でペアと協力することでよい成果
物を生むことができると実感できたからです。

3点目は、ロジカルシンキングが職場でのコミュニケーションを図る時に
も役に立つと思ったからです。

1点目の具体例は、審査員をお客様に例えて、発表して評価してもらうこ
とや他の受講生のプレゼンを見ることで自分の足りていない(声の大き
さや簡潔に言うこと、話の引き出しを増やすこと)が認識できた点です

2点目の具体例は、ペアとなり付箋紙に書いたピラミッド構造に対して、
意見を出し合い、真剣に考えることによってより良い報告書、プレゼン
に仕上げることができた点です。

3点目の具体例は今週の月曜日に会議の報告を行い、学習したロジカルシ
ンキングを試してみた所、自分で考えていた以上に出席者に伝わり、そ
の内容に対して一定の評価を得ました。(課題も出ましたが…)

以上の理由により今回の研修は私にとって有効であると言えます。


後日譚で以下のような感想もいただきました。かなり照れました。^^;

話法だけでなく、先生の独特のオーラ(カリスマ性)を肌で感じました。

私も強い個性が出せるように自分自身を磨いていきたいです。