「プロジェクトリーダーの管理心得講座研修」をご受講いただきました受講生さまより
とても有意義でしたという力強いメッセージをいただきました。
計画なんて―と思いがちですが、根拠のある計画、本当にできる計画が
メンバーのモチベーションをアップさせるものですね。
計画の段取りに、きちんと時間をかけて、本当にできそうか考える!それが魂!
これだけは、どんな計画にも、心がけていただけたら、幸いです。


先日は、「プロジェクトリーダーの管理心得講座研修」では
お世話になりました。

今回の講習会に参加でき大変有意義に感じております。
ありがとうございました。

今回の研修では、「プロジェクト」の考え方や、計画の進め方について
再認識するよい機会になりました。
「プロジェクト」に関連する言葉や役割の説明頂いた物では、
何となくは理解していたが、改めて考えると間違っているなと
反省していました。

<中略>

1番実務で改善しないと行けないと感じたのは、計画についてです。
今までは納期、過去の実績を参考に「エイーヤ!」と
どんぶり勘定で作成する事が多く、論理計画/物理計画を行って
根拠のある物を作っていなかった事を恥かしく思っております。

いままで、はじめから無理な計画の為
「遅れの真の原因」が見つからない
メンバーのやる気があがらないといった悪循環に陥っていたのかと
反省しております。

無謀な計画だと、やる気があがらず、
使命感だけでは乗越えれない部分だったと
思い返しており、知らず知らずにそんなリーダーになって
いたのかと反省しております。

<中略>

『計画が大事!』を心に留めて
「時間がないから」を理由にせずに、根拠のある計画を行い
プロジェクトを回して行きたいと思います。

また、機会がありましたら大橋さんの研修に参加させて頂こうと思いますので
よろしくお願いいたします。