2011年10月21日 実は深い、そもそもプロジェクトとは?

Print Friendly, PDF & Email

プロジェクトリーダのコースをご受講頂いた受講生さまより
貴重なお声をいただきました。せっかくですので共有させていただきたいと思います。
人で始まり、人で終わる、と言っても過言でないプロジェクトですが、
結構リスクを含め、落とし穴があるものです。
あたりまえのことを、きちんとやる!簡単そうで、難しいことですね。次の成果に期待しています。


今回の研修で、私自信の気づき(一番心に残った事)は
プロジェクトの定義について、再認識出来た事です。
自分では、プロジェクトを動かし、お客様への納期を守って
進めていたつもりですが、そもそもプロジェクトとは?って
部分を、自分の中で分からない(ぼんやりした)まま進めていました。
目的・範囲、成果物、期間、資源、組織、権限を見直さず、
ただ目の前にある作業と、納期のみに捕らわれていた自分がいた事に
気づく事が出来ました。
まずは、目の前にあるプロジェクトを、この定義に当てはめてみる事で
今まで課題であった部分(作業工数、コスト、リソース)についても
見えてくるのではないかと考えています。
今、直近で新規プロジェクトはないのですが、次回プロジェクトの時は
一度、この定義に当てはめて進めていきます。
また、頂いた資料は、定期的に読み返し、自分を引き締めたと思っています。

また、研修で大橋先生の講義を受けられる事を楽しみにしております。