2011年11月30日 フォローメールに感想

Print Friendly, PDF & Email

研修講師は一期一会。

それは仕方のないことですが、一抹の寂しさはあります。

そこで当社では、研修内容をフォローメールとして週一で出させていただいております。

(すべての研修というわけではないのですが)

今回はそんなフォローメールに対してお返事を頂いたのでご本人の許可を得て掲載させて頂きました。

以下がそのメールの抜粋になります。

今回のテーマですが、仕事の中での実践、と考えると、機会がそう多くありませ
んでしたが、少ない機会での実践例を元に、以下の通りまとめさせて頂きました。

今後のIT技術者は、HTML5とJavaScriptを学ぶべきです。理由は3つあります。

1つ目は、次世代の標準Webアプリケーション開発言語として期待されるからです。

HTML5とjavaScriptを使うことで、ブラウザ内でリッチなUIを提供できるように
なります。同種の技術であるFlashやSilverlight、Java Appletは、プラット
フォーム互換性の問題から敬遠されてきています。例えば、iPhoneやiPadでは
Flashが利用できませんし、Androidでは、Flashは利用可能なものの、今後の
バージョンアップはされないことが決まりました。これらは、HTML5と
javaScriptにとって変わられるでしょう。

2つ目は、スマートフォン向けアプリケーションの開発言語として使えるからです。
スマートフォンは今後さらなるシェアの拡大が見込まれ、そのアプリケーション
の需要も同様に高まっています。その開発言語としては、JavaやObjective-Cと
いったプラットフォーム固有の言語がありますが、難易度の高さから敬遠される
ことが多いです。

一方のHTML5とJavaScriptは、比較的簡単で、また、Webアプリケーションで慣れ
た技術者が多いという利点を持っています。HTML5とJavaScriptを使う場合、Web
アプリケーションとして実装されることになりますが、要件次第ではWebアプリ
ケーションでも十分に実装可能です。また、HTML5とJavaScriptでスマートフォ
ンネイティブのアプリケーションを作るソフトもあり、これを使えば、プラット
フォーム固有の言語を使った場合と大差ないアプリケーションを作れるようにな
ります。

3つ目は、PC向けデスクトップアプリケーションの開発言語として使えるように
なるからです。

次世代のWindowsで提供される新実行環境「WinRT」では、HTML5とJavaScriptで
デスクトップアプリケーションを開発できるようになっています。

このように、3つの幅広いプラットフォーム向けの開発言語として利用できるこ
とから、IT技術者は、HTML5とJavaScriptを必ず学ぶべきです。