2011年12月10日 「意外と多いステークホルダーを発見!」

Print Friendly, PDF & Email

新潟にて、リスク管理コースにご受講いただきました受講者さまより、貴重な発見のメッセージをいただきました。

こちらにご紹介しておきたいと思います。

コースの中で、いまどきのプロジェクトマネジメントでは、

インフルーエンスマップを含め、プロジェクトが始まる前に、

ステークホルダー分析を当たり前に奨めています。

言われてみれば、当たり前ですが、案外できていないことが多いんですよねー!!

みなさんも、再度チャレンジしていただいて、ご自分の発見を周囲と共有してみてはいかがでしょうか?

大橋さんの講義は楽しく、かつ、わかりやすくかったです。

(大橋=>) はい、ありがとうございます!!

受講後、早速、以下の2点を実践してみました。
・プロジェクトの雰囲気。
 →暗い雰囲気ではないが、活気のある楽しい雰囲気とは言えない。
   自分から良く声を掛けるようにして、良い雰囲気作りをメンバーと
   一緒にできるように、考えていきます。

(大橋=>) そうですよねえ!!プロジェクトは、達成感を楽しむ!くらいのつもりで

        苦境も乗り切る!そういった雰囲気で、楽しく取り組んでくださいませ。

・ステークホルダーの見極め。
 →リストアップしたら、思ったより多かったです。
  リストアップした人を関連図を作成してみます。

実践してみて、今まで視界に入って来なかった情報がたくさんあることに
気づきました。リスク管理に繋げられるように努力したいです。

(大橋=>) ぜひ、その気づきを大切にして、習慣化してくださいね。