人が成長するうえで、実務経験が最も重要であることは論を俟たないところです。

しかし、研修にしかできないことも数多くあります。

未経験の仕事の予行演習や、客観的に自分を見直す契機、他者からの刺激などです。

とくに、今回いいただけました以下の感想では、「演習=疑似体験」を通じて新たな視点を獲得され、

経験値をあげられた様子が大変良く伝わって来ましたのでシェアしたいと思います。

ご本人の方の許諾をいただき、ここに紹介させていただきます。

お世話になっております。
×××です。

先日の研修ではとても充実した経験をさせていただき、誠にありがとうございました。

今回の研修の感想ですが、演習中心という研修内容が良かったように感じます。
「演習=疑似体験」なので、非常に身になりました。

また、評価を研修生同士で行うことにより、他の方を注意深く観察すること、観察されることも気づきが多かったように思います。(自分でわかっていない癖がわかるなど)

欲を言うと、アンケートにも書きましたが、有生さん自身の失敗談などを聞けると自分としてはもっと良かったと思いました。(※)

実業務では、まず報告・連絡・相談の部分において、相手の反応を確認し、
「伝わっている」「伝わっていない」の判断をしながら話をすることを意識するようになりました。
少しは成長できたのかなと自分では感じています。(^^)

※失敗談は多々あるのですが(^^)、事前に配布させていただきました「SEのための29歳からのキャリア向上計画」に書かせていただきましたので、研修では割愛せざるを得ませんでした。反省点です。