2012年07月31日 「今後のビジョンが明確にすることができました」

Print Friendly, PDF & Email

研修は、終わってからが本当のスタートです。

仮にどんなに研修内容が充実していようと、

研修時間をどんなに楽しく過ごせようと、

受講者の方の将来につながるものでなければ

それは無価値ではいでしょうか?

そういう意味において、以下の感想メールをいただいた受講者の方は

将来のビジョンを明確にできたということで、

「我が意を得たり」の心持ちがいいたしました。

ご本人の許諾を得て掲載させていただきます。

非常に充実した2日間となりました。
以下、簡単にではございますが、研修を受けての感想(気づき)を記載させて頂きます。

1.ジョハリの窓を通じての気づき
①「盲点の窓」に該当する項目がありませんでした。
→自分の認識と周りの方々が感じたことが同じであると確認できました。

②コミュニケーションに関する項目(促進、対話、ユーモアなど)が、
すべて「開放の窓」に該当していました。
→初対面の方とお話しさせて頂いている中でも、このような結果になったことは
これからの自信につながります。

③マネジメントに関する項目(目標設定、討議設計など)が
「未知の窓」に該当していました。
→この結果も自分の認識と合っていました。今後の目標が明確になりました。

2.研修全体を通しての気づき
演習を通して、自分の会話の進め方がティーチングになりやすいことを認識できました。
今後の業務などにおいて、コーチングが実行できるように心がけたいと思います。
また、今回の研修では自分より経験豊富な方々が多かったため、討議の進め方や
話の流れ作り方など、参考になることがたくさんありました。

今回の研修を通じて、自分の未熟さを自覚できるとともに、今後のビジョンが明確にすることができました。
とても、実りのある研修をありがとうございました。