2013年02月17日 「コメントを読み返してみると...」

Print Friendly, PDF & Email

メタ認知という言葉があります。

簡単にいえば、自己を客観視するということです。

人材育成の世界では、優秀な人はメタ認知を持っていることが知られています。

では、メタ認知の能力を獲得するにはどうするのが良いのか?

それは、誰かに自分を客観的に評価してもらうことです。

当社の研修では、できるだけそのような機会を提供したいと考えています。

今回メール頂いた感想を拝見し、その思いを新たにしました。

感謝して以下に掲載させていただきます。

先週の研修では大変お世話になりました。

研修を終えて、

他の方に指摘いただいたことや、ヒューマンスキル評価表などのコメントを読み返してみると、以前からできていなかった部分がやはり多く書かれていました。

特に、相手に伝えるときに論理性が欠けていた。

そういうところは今まで自覚していながらアウトプット不足だった部分でもあると思います。

今回、いくつかのコミュニケーションケースにおいての効果的な技法(鉄則)を知ることができました。さらにワークを通してなかなかうまくいかないことも体感できました。

今後、技法的なところは意識的に取り入れて、アウトプットの数を多くして慣れていければと思います。

また、全てのところで共通しているのは相手の立場に立って考えることだと思いますので、
そこは常に心掛けていきたいと思います。