”緊張”と”弛緩”

研修において必要な2つの要素ではないでしょうか?

たとえるなら、サウナと水風呂の関係とでも申せましょうか?

ハイテンションの演習ばかりでは疲れてしまいますし、もちろん、その逆では良い研修ではありませんね。

研修の休憩中は、できるだけリラックスしていただきたい。

その思いから私は、休憩中に音楽を流すようにしております。

今回の研修の受講者の方からはその点についてメールをいただきました。

細かいこだわりに気づいていただけると、とても嬉しいものですね。

感謝しつつ、いただきましたメールをご本人の許可を得て掲載させて頂きます。

先日の研修においては、大変お世話になりました。
社会人として初めての社外研修ということで、とても緊張して
臨んだのですが、山崎さんのお話しに引き込まれてしまいまして、
本当にあっという間の2日間となりました。

今回の研修の感想についてですが、、、
本線とは外れている話だったとは思いますが
「根拠のある自信は、その根拠が崩れると自信も崩れてしまう。
だから、根拠のない自信も悪いことではない」
というような話が、とても印象に残りました。
私は普段、自虐的と言われるくらい自信がないほうだったのですが、
やはりある程度自信があるように見せないと仕事を与える気には
ならないだろうなぁ、と思いまして、今日からは少しずつですが
根拠はなくとも少しは胸を張って仕事をすべきかなと思い、行動しています。

気づきの点としては、私は自分で人見知りに近いほうかなと
思っていたのが、意外にグループの人たちともすぐに打ち解けられたことで、
思い込んでいただけのように感じました。これも若干本題とは違いますが、
今後仕事で新規の方たちとお仕事をする機会がありそうなので、
このあたりも積極的に生かしていきたいと思っています。

以上、感想を含めた返信をさせて頂きました。
今後とも、何卒宜しくお願い致します。

P.S.
内容と全く関係ない話で恐縮なのですが、休憩中などにPCから流れていた
BGMは、何かのCDのものですか?とてもカッコいいものだったので、
差し支えなければ教えて頂けたら幸いです。