2014年08月14日 「成果も出ていないのに、ほめられるか?」 チームビルディング研修に感想をいただきました

Print Friendly, PDF & Email

経営コンサルタントとして高名なトム・ピーターズは

「成果も出ていないのに、ほめられるかって?
ほめないから、成果が出ないのだ。」

と言っているそうです。

今回の受講者の方は(実はお会いするのは2回めなのですが)
特に“褒める”ということを行動目標に掲げていただけました。

ご本人の許諾を得て、感想のメールを掲載させていただきます。

ありがとうございました。

先日の『チームビルディング研修』では、大変お世話になりました。

そしてメールをいただきありがとうございます。

私の近況ですが、

研修終了後、教育研修報告書なるものを作成し、無事上司からOKをもらい、

ホッと一息ついているところです。

今回の研修は、まさに私が職場での立場上必須としているもので、山崎先生、

研修に参加された皆さまのおかげで、大変有意義なものとなりました。

幸いなことに?「叱る」状況はまだ迎えていませんが、必ず1日に1回以上は

「褒める」ことを目標として、個人そしてチーム全体のモチベーションが上が

るような雰囲気作りを心掛けています。

その後の後日談として、受講者の方から次のような例文が送られてきました。

このように具体的な会話例を考えていただけるは、嬉しい限りです。
ご紹介させていただきます

【相談ボメ】

 ・褒める人……A
 ・褒められ人…B

 A: B先輩って仕事が早いですよね!
    しかも正確だし!!
    どうしたら私もそうなれるんですか?

 B: ありがとう。
    私もすぐにできたわけじゃなくて、目標となった先輩がいて早く追いつきたいと思って頑張ったの。

 A: そうなんですかー。
    じゃー、私もA先輩を目標にして頑張るといつかはそうなれるんですね。

 B: 私ばかりじゃなくて周りの人達もよく見て、自分で考えることが必要よ。
    大丈夫! Aさんだって言われたことだけじゃなくて、その先のことも考えて仕事をしているじゃないの。
    後は経験を積むこと。

 A: はい。
    私もB先輩のようになれるよう頑張りますので、これからもご指導お願いします。
    本当にB先輩は他の部署の評判もいいし、私の自慢の先輩です!