6月8日、9日に名古屋ソフトウェアセンター様にて「IT技術者のためのコミュニケーション研修」を2日間で実施いたしました。
毎年ご好評いただいており、応募者多数で2クラス開講。新入社員とミドル層の方々と混ざって参画していただきました。お互いの立場や経験からフィードバックをもらえます。「なるほど」と頷く新入社員。新鮮な意見を受け止めるミドル層と、意見交換あり、笑顔ありで相乗効果を体感されたようです。
また、ご自身の強みや弱みを取り出し「自分自身を見つめ直すことができた」とご感想もいただきました。

実施後メールで感想をいただきましたので、下記に転載いたします。
皆様のますますのご活躍をお祈りいたします。ありがとうございました☆


今回の研修で一番身になったことは、
文章がピラミッド構造を習得したことで書きやすくなったことです。
4月にプロマネの情報処理試験を受けましたが全く書けることで出来なかったですが
これを使えば作成することが可能だと思いました。
早速、半期面談の目標を書かなくてなくて、ピラミッド構造を使用しました。
これは今後、何かを纏めるのに役に立ちそうです。
2日間、ありがとうございました。


私はプレゼンテーションを実際に行ったことが無い為、
今回の研修でプレゼンテーションを選択させていただきました。
他者と協力して準備をしたことで、
プレゼンテーションの流れや資料作成方法についてとても勉強になりました。
他者から評価がいただけることで、自身の癖に気づくことが出来ました。
また、ロジカルピラミッドはMECEを使用し、「具体例・データ」をたくさん挙げる
ことでより説得力のある説明が出来るとわかりました。
MECEの視点で「理由」を考えることを今後意識したいと思います。ありがとうございました。