2倍以上と言われるIT企業のうつ病罹患率。3兆円といわれる社会的損失額。そしてコスト面だけでなく、生産性やコンプライアンスに脅威を与えるのが現代社会におけるメンタル不調のリスクです。本研修では、心の管理法を習得する心理学から考えられたメンタルヘルスマネジメント手法を提供させて頂いております。心理学の基礎から学んでいただき、様々な角度から自己分析をし、自分を知って頂きます。メンタルヘルス・マネジメントとして具体的な実践的な行動レベルの知識を学んでいただきます。そして、メンタルタフネスを作る方法や実際に起こり得るメンタル不全者の対応方法やメンタル不全者やハラスメントなど職場での具体的なケーススタディを演習して頂き、対処法を習得して頂きます。

受講者のみなさんから感想をいただきましたので、その一部をご紹介します。


自分はかなりネガティブだと思っていましたが、今回の研修で様々な企業の方とご一緒させて頂き、自分と同じような方やポジティブな方が、意外といらっしゃるんだなあ~と感じました。
元々、心理学やうつ病などに興味がありましたが、新型うつ病があることを知り、とても驚きました。
もっと、今後は、自分自身、心理学を勉強してみたくなりました。
そして、今回の研修を同じ会社で働く人にお勧めしたいと思いました。ありがとうございました。


メンタルの問題はどのような業種においても、常についてまわるため、講師や他の受講生の方のお話がとても参考になりました。また、内容についてもすぐに実践できるものが多く、部分的に日々取り入れさせて頂きたいと思いました。


非常に楽しく学ぶことが出来ました。心理学を学んだ事がなかったので、とても勉強になりました。
自分自身だけでなく、同じ会社の総務や管理職に推薦できると思いました。有難うございました。


グループディスカッションなどが研修の中で多く、あっという間に研修時間が過ぎました。
最初は、初対面の人とお話しするのが不安でしたが、とても楽しく学ぶことが出来ました。
有意義な時間を有難うございました。


ストレスがたまるメカニズムがとても良く分かり勉強になりました。
同じ会社の同僚の方や上司にお勧めしたいと思いました。