福岡の経営者研修を担当させていただいております。
参加されております株式会社テクノスクエア代表取締役 石川浩一様より、
下記のような暖かいお言葉をいただきました。
「教える者は2度学ぶ」という言葉が我々の世界にはございます。
この感想によって3回目の学びを得ることができました。
皆様とシェアさせていただきます。
———————-(ここから最後まで)
セイ・コンサルティング・グループ
 山崎様
テクノスクエアの石川です。
お世話になっております。
ご丁寧なメールありがとうございます。
講習受講に関しての、私の受身の姿勢をご指摘いただきまして、
普段自分が社員に対して言っていることを、自分自身が出来ていないのだなと気付かされました。
次回の講習では、しっかりと学習したことに対して、テストを受けれることが出来るように準備して望みたいと思っていますので、
よろしくお願いします。
アウトプットした資料を見せたわけではありませんが、来年からの戦略検討を丁度行っておりますので、
それに活かして行っております。
差別化に向けてポイントを絞って検討することを、マネージャーの面子で共有した程度ですが、
戦略の内容が、徐々によくなっているように感じます。
また、2回の講習を受けて一番よかったというか、発見だったのは、つながっているんだなと気付いたことです。
5フォースやブルーオーシャン、バランスト・スコアカード、ドラッカーなどなど、
どれも概要だけは読みかじっては知ってはいるものの、それらは個別のもので、
自分の会社に合った戦略を探すような感覚で読んでいたように感じます。
ブルーオーシャンは、本当に未開の楽園を探すことのように理解していましたし、
以前読んだバランスト・スコアカードの本を読み返して改めて思ったのが、
戦略を立てた後の戦術への落とし込みから人事評価制度への展開まで書かれていましたが、
以前読んだ際には、「戦略ありきだよな~。戦略立てるのが問題なんだよな~」という感想で、
理解が十分ではなかったように思います。
一連の理論をよく理解し、つながりを意識して学習することにより、
今後の当社の戦略立案に向けてのフレームワークを確立して、
PDCサイクルをしっかりとまわせる仕組みを作っていかなければ、
と感じました。
来年もよろしくお願いいたします。