7月2日〜3日、名古屋ソフトウェアセンター様にて「ドユメンテーション研修」を実施しました。

受講いただいた方は30代以降の比較的文章を書く機会が多いであろう方たちでしたが、いくつかの気づきを感じていただけたようです。
受講された方から次のような感想をいただきました。


文章を書く際に読み手を意識してかけているかは、今後気をつける必要があると感じた。
文章作成したものを先生やグループメンバーから意見をいただけたので勉強になった。
読み手にわかりやすい表現や構成で文章を作成する基本が学べた。
文章を書くことが苦手なので、少しでもテクニック、例文などの情報を得たいと考えていたため役立った。
伝えたいことを整理する方法が分かりよかったです。まだ、使いこなせませんが
意識しているようで、できていない、文章のあいまいさについて認識できたので良かったです。
話の軸について、うまく整理できないところについて、洗い出したキーワードを「3つにまとめる」という手法で苦手な点を訓練していこうと思います。
ドキュメント作成のポイントを体系的に学ぶことができた。