コミュニケーション研修に参加いただいた方から以下の様な感想をいただきました。

大変優秀な受講者の方で、何度もピンク付箋賞をゲットされていた方です。

(分かる人にしか分かりませんが)

とても具体的かつ現実的な気づきをご報告いただけました。

今後の受講者の方々の参考として公表を快諾いただけましたので、

ここに感謝して掲載させていただく次第です。

いろいろな気づきはありましたが、特にプレゼンのときに質問の復唱ができなかったのは
とても大きな気づきでした。
事前にご指導いただいていたにも関わらず、実践できなかったのは自分の欠けた点を
振り返る上で大きなヒントになったと思います。
私は質疑応答が苦手です。相手の知りたい情報を知っているにもかかわらず、
ピントの外れた答え方をしてしまうことがしばしばあります。
また、答えながら違和感を覚えることも多いです。
自分でそう考えているのであれば、相手の理解を得ることは到底望めません。

復唱することにより情報を整理して、考えをまとめることによって改善できる点は
大きいと思います。
社内でもしばしばプレゼンをする機会はありますので、
是非、これを実践してみたいと思います。

また、もう一人の方からは以下の様な感想をいただきました。
自分の著書に興味を持ってもらえると嬉しいものですね。

「IT技術者のためのコミュニケーション」研修ではお世話になりました。
研修を振り返ると、実りある研修だったと感じます。
仕事に戻り、早速研修で学んだことを活かそうと取り組んだことは、
メールについてでした。
相手がわかりやすく伝わりやすい文章を書くときなど、
少しでも活かせているのかなと思います。

余談ではありますが、山崎先生が執筆された
「SEのための29歳からのキャリア向上計画」は
個人的に非常に頂戴したく、じゃんけんで負けたときは
悔しい思いをしました。
アマゾンで購入しようかと考えているところです。