7月28日 IT技術者のためのドキュメンテーション研修に感想をいただきました。

Print Friendly, PDF & Email

岩手ソフトウェアセンターセンター様で研修を実施させていただきました。

頂いた感想をご紹介します。

1つひとつの内容を丁寧にゆっくりと教えていただいたため、非常にわかりやすかった。
内容としては基本的な事項が多いように感じたが、自身がこれまで勘違いしていた部分が明確になったり、あらためて知識の復習になったりしたことから、研修の難易度が適切であったと思う。
ご利用になっているマイクの指向性が非常に強いようで、マイクの外側を向いて発言した内容が聞き取りづらくなっていたことがあったため、お手元のモニタ等の位置を工夫していただいてもよいのかもしれない。

最後になりますが、2日間におよびご指導いただき誠にありがとうございました。

文章を書き始める前に、マインドマップを使ったり、文章の構成を決めたりすることを、仕事で特に活かしていきたいと感じました。
また、誤解のない文章を書くための知識が増えたので、誤解のない文章を心がけていきたいです。

わたくしごとですが、文書の体裁や文言の使い方などは普段上司や先輩社員から指摘を多く受けています。

今まで指摘を受けていたところが、今回の研修内容にもいくつかありました。
あらためて文書作成の仕方というものを学ぶことができました。

研修ありがとうございます。今回学んだことは、これからの業務に活かします。

私はあまり業務内で文章を書く機会がないため、新鮮な経験ができたように思う。設計者から受け取った文書に不明瞭な点がある場合は
今回学んだ点を生かし、このような内容を伝えたかったのだろうかと対象を絞り込んでから質問し、内容を把握するように意識していきたいと思う。

研修で誤解なく伝わる文章の技法を学んだが、実際に文章を書いてみると、自分はまだ分かりにくい文章を書いているので復習と練習が必要だと思いました。

文章の構成をあまり考えたことがなかったため、大変参考になりました。特に提案書を書く際の構成や、報告書の最初に結論を書く、といったところがすぐに生かせそうだなと感じました。
これまでに機会がなかなかなかったのですが、今後書くシーンが現れた際に今回学んだ内容を生かそうと考えております。

今回の研修でドキュメンテーションについてご教授いただきましたが、最も大きな収穫は自分の文章の癖がわかったことです。自分は問題と原因の区別がついていなかったり、原因だけを追究したがる癖があるということがわかりました。今回のFBを今後の業務に活かしたいと思います。

IT技術者のためのドキュメンテーション研修

研修参加者の皆様、お疲れさまでした。

IT技術者のためのドキュメンテーション研修のカリキュラムはこちらから。