8月7日 「一番収穫になったのは、まだまだ自分には分かっていない部分があるんだなと、、、」

Print Friendly, PDF & Email

チームビルディングとモチベーションアップ研修に感想をいただきました。

経験を重ねることで見えなくなるものがあります。

我々の専門用語では「ストコーマ = 心理的盲点」といいます。

その点を指摘頂きました受講者の方からのメールを以下にご紹介します。

何でも知っているような気になってしまうのを恐れ、
振り返りの意味も込めて受講させて頂きましたが、思ったより発見があり
勉強になりました。
伝言ゲームや領土拡大では、それぞれの立場で有効に力を発揮するに
はどのようにしたら良いか、言葉ではなんとなく分かっていても実際に時間
や質で目で見える形になると、意外に大きな差であることを認識させられました。
また褒め言葉についても、色々なパターンに出会えましたし、男性と女性
では使う言葉も違うようで、これも収穫になったと言えます。
しかし、一番収穫になったのは、まだまだ自分には分かっていない部分が
あるんだなと言うことに気づかせてくれたことでしょうか。
今回の研修はそうした意味でも受講してよかったなと思います。

また、以下の様な感想もいただけました。

研修では受講者の方々の時間を拘束するという一面があります。

そのため「納得の行く時間を過ごせた」との感想嬉しいです。

先日は大変お世話なりました。
研修内容 や 他の方との交流から
様々な気付きと刺激を与えてもらい
自分自身納得のいく時間を過ごせました。

今回学んだ気づきを
自身が直面している組織運営の課題解決の
手助けになると信じて活用いたします。

また、研修中に「モチベーションを上げる褒め方」というテーマで演習を行いました。

次の方は、その点が印象に残ったと感想をくださいました。

先日の「チームビルディングとモチベーションアップ研修」、
とても充実した2日間を過ごすことができました。
厚く御礼申し上げます。

今回の研修において、一番に感じましたのは
人のモチベーションは接し方次第で
上げることも下げることもできるんだな、という事を改めて感じました。

褒めればモチベーションは上がり、
逆にけなせばモチベーションは下がる。
これはもちろん知っていましたが、
褒め方について、特に深く考えたことはなく
行き当たりばったりな対応をすることが多かったと思います。

今回モチベーションアゲアゲゲームにて
褒め方にも色々な種類があることを学び、大変参考になりました。
早速、昨日からの業務から意識して使用し、手ごたえを感じております。

身につけるまでには少し時間はかかりそうですが、
継続して実施していきたいと思っております。

掲載への快諾いただきました3名の方に感謝申し上げます。
ありがとうございます。