なぜ、Javaでプログラミングを学んでいるのでしょうか?

多くのプログラミング言語がある中で新人研修で教える言語としてJavaは不動の位置を保っています。

私がプログラミング教育に関わり始めた2000年前後から変わりません。

その理由が何なのか新人エンジニアの皆さんに訊いてみました。

以下はそのときの意見です。

 
・学習に時間がかかるが、その分のちの汎用性が高いため。
 
・どのような環境下でも実行することが出来るので、汎用性が高く、仕事でも遭遇しやすい言語だからかなと思っています。
 
・システム系の会社でよく使われているプログラミング言語らしく、実務で利用する可能性が高いから。
・Javaはほかの言語に比べて、人間に読みやすい。いろんな分野に応用が利くから。
 
・もともとオブジェクト指向が取り入れられている言語であり、オブジェクト指向を学んでいくうえでよいから。
 
・Javaが使えればオブジェクト指向型言語と手続き型言語の両方の型の言語に対応できる。
 
・オブジェクト指向が身につくから。または難しいプログラミング言語なのでJavaで頑張れれば他にも少しは汎用性が高いのかなと思います。
 
・以前Javaがどんなアプリや物に使われているかを調べた時に色んなものに使われていたのでそういったようなことかなと思いました。
 
・それこそオブジェクト指向を学ぶためではないかと思います。他の言語を知らないのでなんとも言えませんが、少なからずJavaと他言語の共通点はあると思いますし、応用が効くと思うので。
 
・javaを学ぶことでオブジェクト指向を学ぶことが出来るのでc言語などを学ぶ際に応用が利くので入門としてはいいと思います
 
・幅広い開発に使用されており、オブジェクト指向を学ぶ上で理解しやすい言語のため。
 
・プログラミング言語の中でも難易度が高く、初めに学べば多言語の勉強が楽になるから。またJavaが利用される環境が増えてきたから。
 
・ほかの言語に関して学んだことがないので詳しいことはわからないですが、比べてよく利用されており、プログラミングの基礎的な要素が学べるからではないかと思います。
 
・オブジェクト指向を使うことで、普段から物事をオブジェクト指向で考えれるようになるからです。
 
・以前のお話にもあったオブジェクト指向が私たちが仕事をする上で必要であるからかなと思います。
 
・Javaがオブジェクト指向言語であり、多くのライブラリが存在するため。
 
・オブジェクト指向を用いた言語であるため。様々なところで使われている言語だから。

正しく理解いただいているようで安心しましました。

私なりに回答すると
①入りやすく(C系)奥が深い(オブジェクト指向)
②応用分野が広い (Webアプリ、アンドロイドアプリ、デスクトップアプリ、組み込み)
③お仕事に直結
という3つの理由かと思っています。

なお、1点付け加えると、Javaは他のどんな言語よりも難しいので、Javaさえマスターできれば他の言語が簡単に見えてくるという効果もあります。