9月16日 失敗しないプロジェクトのためのリスク先読み力研修に感想をいただきました

Print Friendly, PDF & Email

失敗しないプロジェクトのためのリスク先読み力研修に感想をいただきました。

北海道ソフトウェア技術開発機構様の主催で、ZOOMとMIROを使用したオンライン研修でした。

頂いた感想をシェアさせていただきます。

とても勉強になったのと、とても楽しかったです。
マネージャーは「管理者」と訳されがちですが、そういう感じではなくて、チームとして最大の成果を発揮するための舵取り役かなと思います。
プロジェクトマネジメントというものが前よりイメージできてきましたので、良いマネージャーを目指してもっと勉強してみます。

Zoom研修は初めてだったので、はじめは緊張していましたが、皆さんとグループワークや、ゲームをして、とても楽しい研修になりました。
また、色々なリスクや対応策を聞くことができて、とても参考になり、勉強になりました。
カードとサイコロを使ったゲームは楽しかったです。
2日間短い間でしたが、ありがとうございました。

リスクを考慮するという行為自体は日常のどんなときでも考えることができるので
日々意識しつつ、プロジェクト実施時にリスクをいろいろな角度から盛り込めるようになりたいと思いました。
楽しく学ぶことができました。

これまでの開発ではEVMを用いたリスク分析の経験がなかったので、とても勉強になりました。
チームでリスク分析の実習を行う中で、想定されるリスクや対応策を検討する難しさを実感することができました。
全体的に楽しみながら研修を受けることができました。
ありがとうございました。

私にとってとても充実した研修でした。リスクの洗い出しの難しさはありましたが、メンバーとの話し合いや相手チームの検討結果などから得られるものが多かったと感じております。
また、講師の山崎さんの説明もわかりやすく、昨今のZOOM研修にあるようなトラブルもなくスムーズな進行で、ファシリテータの見本です。
田渕さんの絶妙なサポートの入り方も印象に残っております。全体的に楽しく学ぶことができました。2日間ありがとうございました。

EVM分析を用いたリスクマネジメントの演習はためになりました。

2日間と短い間でしたが私も楽しくファシリテートさせていただきました。

また、ご縁がありますことを。