ITエンジニアのプレイングマネージャー化応援サイト

Eclipseで動的Webプロジェクトを作成する方法

当社の研修ではIDEにEclipseを使用しています。

ここでは、Eclipseを使ってServletを作成する方法を学びます。

※この記事は、Photon Release (4.8.0) Build id: 20180619-1200 で検証しております。

1.動的Webプロジェクトの作成

1.1 これから作成するのは動的Webプロジェクトなので、EclipseのパースペクティブをWebに変更します。
パースペクティブに「Web」を表示させるには、メニューから「ウィンドウ」‐「パースペクティブ」‐「パースペクティブを開く」‐「その他」からWebを選択します。

 

1.2 下図の①をクリックしてパースペクティブをWebにします。

1.3 メニュー -> 新規作成 -> 動的Webプロジェクトを選択します。

1.4 任意のプロジェクト名を入力します。
また、ターゲットランタイムと動的Webモジュールバージョンは講師が指定するバージョンになっていることを確認してください。

1.5 プロジェクト構成はデフォルトのままで結構ですので、「次へ」をクリックします。

1.6 web.xmlデプロイメント記述子の生成にチェックを付けて「完了」をクリックしてください。

1.7 動的Webプロジェクトが作成されました。

プロジェクト・エクスプローラーの中では、①Javaリソースのscrフォルダ、②WebContentフォルダ、③WEB‐INFフォルダの中のweb.xmlファイルに着目してください。

scrフォルダにはServletやJavaのソースコードが入ります

WebContentフォルダの中にはHTMLファイルなどが入ります。

web.xmlファイルはサーブレットやHTMLファイルの環境を設定するためのファイルです。

詳細は研修の中でお話します。

2.Servletの作成

2.1 Servletを作成するには、先のsrcフォルダを右クリックして、「新規」‐「サーブレット」を選択します。

2.2 Javaパッケージの名前とクラス名を設定します。
どちらも講師が指定する名前を指定してください。
なお、Javaパッケージ名は世の中に同じないものがあってはいけませんので、ドメイン名の逆順というのが通例です。
弊社の例では、ドメイン名「saycon.co.jp」を逆に並べた以下のようなパッケージ名になります。

2.3 次のダイアログでは特に変更する項目はありません。
URLマッピングという欄だけ見ておいてください。

URLマッピングとは、クライアントであるWebブラウザのリクエストに対してどのサーブレットを指定するかのマッピングのことです。以下の場合、これから作成するサーブレットは、「/FirstServlet」という名前で呼び出すことができます。

2.4 以下のサーブレット作成では、抽象クラスであるHttpServletクラスの抽象メソッドを選択することができます。
今回はdoGetとdoPostの2つを選択しています。

2.5これで、サーブレットが作成できました。赤枠で囲ったURLマッピングが@WebServletアノテーションとして挿入されていることを確認してください。なお、アノテーションとは注釈という意味で、プログラムの動作とは無関係ですが、プログラムについての情報を提供するものの総称です。

また、先ほどチェックしたdoGetメソッドとdoPostメソッドも自動的に作成されています。

 

3.サーバーを起動してプロジェクトをデプロイする

3.1 作成したFirstServletを実行してみます。

FirstServlet.javaファイル上で右クリックして、「実行」‐「サーバーで実行」を選びます。

3.2 デフォルトのままで「次へ」をクリックします。

3.3 構成を確認して、「完了」をクリックします。

3.4 内部ブラウザが起動して上記のような画面になります。アドレスバーの表記は今回このようになります。

「http://localhost:8090/FirstProject/FirstServlet」

プロトコル名://ホスト名:ポート番号/プロジェクト名/URLパターン

3.5 サーバーを停止させるには、「コンソール」タブ(や「サーバー」タブ)から赤い四角のアイコンをクリックします。

4.JSPの作成

4.1 JSPを作成するには、WebContentフォルダを右クリックして、「新規」‐「JSP」を選択します。

 

4.2 ファイル名を入力して「次へ」をクリックします。

4.3 「新規JSPファイル(html5)」を選択して「完了」をクリックします。

4.4 上記のようにJSPのページディレクティブが入力された状態でJSPファイルが作成されました。

 

Eclipseの使い方に戻る

新入社員研修ポータル

IT企業の人財育成に関することなら全てお任せ下さい TEL 0120-559-463 受付時間 10:00 - 17:00 (土・日・祝日除く)

ZOOMを使った遠隔研修メニュー(PDFが開きます)

ZOOMを使った遠隔研修

新人エンジニアのためのJavaタイピングゲーム

新人プログラマのためのプログラミング動画

YouTubeチャンネル

お問い合わせはこちらから

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名(件名)

    メッセージ本文

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

    新入社員研修ポータル

    PAGETOP
    Copyright © Say Consulting Group, Inc. All Rights Reserved.