ITエンジニアのプレイングマネージャー化応援サイト

NetBeansの使い方

なぜ、新人エンジニアにNetBeansなのか?

NetBeansは世界シェアで見ると10%程度で決して大人気のIDEとは言えません。

しかし、当社では新人エンジニア研修で使用しています。

その理由は、シンプルでありながら必要最小限の機能が満たされているからです。

無償で使えるJava開発のIDEとしては、Eclipseが有名です。

しかし、Eclipseは画面構成が複雑で見づらいとの声もあります。

しかも、Eclipseの強みであるプラグインの多さは数か月間の新人研修では問題になりません。

 

限られた新人研修期間に各種設定に時間をとられるのはもったいないものです。

設定は現場にはよって違いますので。

NetBeans一つでJavaSEはもちろん、SQLもHTML/CSS、JSP/Servletまで何でも来いです。

新人の方々にとってそれぞれの技術の区別がなくなるのが欠点ですが、それは講義で補えます。

ということで当社では特にお客様からのリクエストがない限りNetBeansをお勧めしております。

 

1.NetBeans8.2のダウンロード(ダウンロードページに飛びます)

※サポートテクノロジーはJava EEを選んでください。

2.最初のJavaプログラムをNetBeansで

3.NetBeansのデバッガを使う

4.Junitで単体テストをする

5.Javadocの作り方

6.MySQLをNetBeansから使う

7.JDBCプログラムの設定

8.HTML5を使ったWeb開発をNetBeansで

9.最初のWebアプリケーション作成をNetBeansで

10.ショートカットキーとコードテンプレート ベスト10

11.NetBeansに関するFAQ JavaSE編

12.NetBeansに関するFAQ JavaEE編

 

IDE(統合開発環境)についてに戻る

 

PAGETOP
Copyright © Say Consulting Group, Inc. All Rights Reserved.