以下のクラスをNetBeansにコピーして、プログラムを作成しなさい。
(以降の問題演習はこのクラスに追加変更を加えること。途中経過をファイルとして残す必要はない)

次のプログラムコードに、各設問の条件にあうメソッドを追加しなさい。
その後、そのメソッドが正しく動作することを検証するためのプログラムコードをmainメソッドの中に追加しなさい。

1.

以下のクラスメソッドを作成しなさい。
(引数あり、戻り値あり)

メソッド名: getRectangularArea

引数列: double width, double height

戻り値の型: double

処理の内容: 幅が width、高さが height で表される長方形の面積を返す

 

2.

以下のクラスメソッドを作成しなさい。
(引数なし、戻り値なし)

メソッド名: printE

引数列:なし

戻り値:なし

処理の内容: 自然対数の底e(≒2.718281828459045)の値を出力する

ヒント:

・自然対数の底eの値は Math クラスのクラス変数 E に格納されている。

・System.out.println(Math.E); で、この値を出力できる。

 

3.

以下のクラスメソッドを作成しなさい。
(引数あり、戻り値なし)

メソッド名: sayHello

引数列: String name

戻り値:なし

処理の内容: 引数で渡されたnameに対して挨拶する

ヒント:メインメソッドは以下のようになる。

 

4.

以下のクラスメソッドを作成しなさい。
(引数あり、戻り値なし)

メソッド名: printSquareArea

引数列: double oneSide

戻り値:なし

処理の内容: 引数で渡された値を一辺とする正方形の面積を出力する

 

5.

以下のクラスメソッドを作成しなさい。
(引数が複数、戻り値なし)

メソッド名: printMessage

引数列: String message, int count

戻り値:なし

処理の内容: 文字列 message を、count の回数だけ繰り返し出力する

ヒント:

・printMessage(“Hello”, 5); とすると、”Hello” という文字が5回出力される

 

6.

以下のクラスメソッドを作成しなさい。
(引数なし、戻り値あり)

メソッド名: getMessage

引数列:なし

戻り値の型: String

処理の内容: “I LOVE YOUxxx” という文字列を返す

 

7.

メソッド名: isEvenNumber

引数列: int value

戻り値の型: boolean

処理の内容: 引数で渡された値が偶数の場合は true、そうでない場合は false を返す。

 

8.

以下のクラスメソッドを作成しなさい。
(引数が複数、戻り値あり)

メソッド名:getMinValue

引数列:double a, double b

戻り値の型:double

処理の内容: 引数で受け取る2の値のうち、小さい方の値を返す(三項演算子を使うこと)

 

9.

以下のクラスメソッドを作成しなさい。
(引数が配列)

メソッド名: getAverage

引数列:double[] array

戻り値の型:double

処理の内容: 引数で受け取る配列の要素の平均値を返す

 

10.

以下のクラスメソッドを作成しなさい。
(メソッドからメソッドを呼ぶ)

メソッド名: sayHellos

引数列: String name, int count

戻り値:なし

処理の内容:  3で作成したsayHelloメソッドを、count の回数だけ繰り返し呼ぶ。

ヒント:

・sayHello(“imai”, 5); などと呼び出す。

 

 

JavaSEの問題集トップページに戻る