ITエンジニアのプレイングマネージャー化応援サイト

15.日時処理

java 8 で新たに追加されたjava.timeパッケージには、日付を扱うLocalDateクラス、時刻を扱うLocalTimeクラス、日付と時刻の両方を扱うLocalDateTimeクラスがあります。

以下にその簡単な使い方を示します。

1.あなたの生まれた日のインスタンスを作成し、その曜日を調べなさい。

2.あなたの生まれた日の40日後の日付を表示しなさい。

3.あなたの生まれた日が1995年1月1日より前か表示しなさい。

4.あなたの生まれた日と今日の日付から年齢を計算しなさい。

ヒント:Period.between()について調べること。

 

<アウトプット例>

SUNDAY
1969-12-19
true
50

5.あなたが一番思い出深い日を一日選び、そのインスタンスを作成し、その日付と曜日をできるだけ多くの違うフォーマットで表示させなさい。

ここまでできたらチームの皆さんに見てもらうこと。

6.オリジナル問題作成

将来の後輩のために良い問題が出来たら教えてください。

 

JavaSEの問題集トップページに戻る

新入社員研修ポータル

IT企業の人財育成に関することなら全てお任せ下さい TEL 0120-559-463 受付時間 10:00 - 17:00 (土・日・祝日除く)

ZOOMを使った遠隔研修メニュー(PDFが開きます)

ZOOMを使った遠隔研修

新人エンジニアのためのJavaタイピングゲーム

新人プログラマのためのプログラミング動画

YouTubeチャンネル

お問い合わせはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名(件名)

メッセージ本文

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

新入社員研修ポータル

PAGETOP
Copyright © Say Consulting Group, Inc. All Rights Reserved.