Print Friendly, PDF & Email

~~IT技術者がAI技術者になるための第一歩~

研修成果

人工知能を組み込んだシステム開発が注目を集めています。

2018年のAIシステム市場全体は前年比91.4%増の532億円でした。(IDC調べ)
(一社)日本ディープラーニング協会が主催するG検定は、機械学習やディープラーニングに関する検定です。
過去の受験者の約45%が情報処理に関わる人たちとなっております。
合格率は約7割と高いものの、問題数が多いため一定のコツを知っておいた方が有利な試験です。
2020年中の合格を目指す方々に、この1日講座ではそのポイントを解説します。

達成目標

  • 次回の一般社団法人日本ディープラーニング協会に合格するための知識と勉強方法を身につける。

対象

  • AIを使ったシステムの開発を予定しているエンジニア。
  • AI技術者とコミュニケーションをとる必要のある方。

前提知識

高校卒業レベルの数学の知識

カリキュラム

1日目

◎オリエンテーション

1.G検定の概要

2.人工知能の歴史

3.機械学習とは

4.機械学習の具体的手法

5.ディープラーニングとは

6.ディープラーニングの手法

7.ディープラーニングの応用

8.ディープラーニングの最新研究

9.数学とその他の話題

10.今後の勉強法の指針

必要備品

なし

価格(ノンカスタマイズの場合)

講師料:15万円(税別)
テキスト代:3,000円(税別) ✕ 研修参加人数

イメージ写真

coming soon.

この研修への感想

coming soon.

このページを見ている方にオススメの研修

7.7 AI/IoTの概要とビジネス創造

キーワード:ビジネス可視化、アイディア構想 、企画創造力