Linuxのコマンド 英語の名前の由来

Linuxのコマンドとそのオプションは数多く、覚えるのが大変です。

しかし、無意味な名前が付けられているわけではなく、英語を母国語にしている人たちはなんとなく意味をわかっているため覚えるのも早いです。

私達も英語とLinuxの勉強と思って語源からコマンドの意味を理解しましょう。

そうすれば記憶に定着するはずです。

ただし、英単語そのもののコマンド名、意味のないコマンド名は省略していますのでご了承ください。

内容は随時更新予定です。

apt: Advanced Package Tool
bash:Bourne again shell
bg:Background
cat: Concatenate
cd: Change Directory
chmod: Change mode
chown: Change file owner and group
cp: Copy
df: Disk free
du: Disk usage
find:Find
grep: Global Regular Expression Print
ifconfig:interface configurationman:manual
ln:link
ls: Lists Segment
mv: Move
netstat:Network statistics
ping:packet internet groper
ps:process status
pwd: Print Working Directory
rm: Remove
rmdir:Remove directory
rm:Remove
su: Substitute User
sudo: Substitute User do
tar: Tape Archieves
umask: user mask 
wc:word count
wget:world wide web get