Print Friendly, PDF & Email

研修成果

 ヒトを動かす道具として、提案書・企画書は社内社外を問わず、様々なビジネスシーンに必要となります。
 ヒトを動かすには、分かりやすいストーリーと、それを表現した図解が効果的です。ストーリの作り方、図解の表現の仕方を学び、提案書・企画書作成スキルの向上を目指します

達成目標

  • 企画のストーリーに応じた図解の表現が理解できる

対象

次のような理由で提案書・企画書の作成を習得・利用したい方を対象とします。

・客先を動かせる提案書・企画書を提出したい方。    

・社内での提案活動で想いを正しく相手に伝えたい方。  

・自分の頭を整理する際に図解を利用したい方。

前提知識

なし

カリキュラム

1日目

◎オリエンテーション【講義】

1.クイズ。わかりやすくしてみよう!【演習】
2.プレゼンテーションの基礎知識  【講義】 
3.企画とは、企画書とは      【講義】
 (1)企画とは   
 (2)企画書とは、提案書とは
 (3)企画・提案でヒトを動かすとは 

4.[アプローチ②]顧客情報の収集・分析
 3.企画書のストーリを考える    【講義・演習】 
 (1)企画、企画書とは何か?
 (2)企画・提案でヒトを動かすとは    

5.企画書のストーリを考える  【講義・演習】
 (1)企画書のコンセプトを考える
 (2)企画書の基本ストーリを考える
 (3)フレームワークを活用して形にする

6.企画書をブラッシュアップする    【講義】

7.情報化企画書作成演習①       【演習】  

 <文章表現での企画ストーリの作成>

2日目

8.人に納得してもらう図解手法 【講義・演習】
 (1)「図解」とは何か?
 (2)図解は「囲む」「つなぐ」「配置する」
 (3)「囲む」「つなぐ」「配置する」の図解例

9.5つの基本的な図解を知る     【講義】
 (1)ツリー図でレベルと過不足確認
 (2)ベン図で似たものを整理する
 (3)マトリクスで切り口を明確にする
 (4)点グラフで位置を把握する
 (5)フロー図で複雑な問題を解きほぐす

10.表やグラフを活用する場合    【講義】
 (1)表を活用する
 (2)グラフを活用する

11.図解の改善、作成をしてみよう 【演習】

12.情報化企画書作成演習②    【演習】
<文章表現の企画を図解化する>

◎総まとめ 【講義】

価格(ノンカスタマイズの場合)

※名古屋市内からの交通費と宿泊費が別途必要な場合があります

講師料:30万円(税別)

テキスト代:3,000円(税別) ✕ 研修参加人数

イメージ写真

coming soon.

この研修への感想

coming soon.

このページを見ている方にオススメの研修

3.7 アイデアの発想展開法

キーワード:アイデアの出し方、アイデアのまとめ方、自由・強制・類似発想法