Print Friendly, PDF & Email

研修成果

  • プログラムの構造設計・開発工程において、プロジェクトチームとして効率的に機能するためのレビュー技法について、基本的な技術(レビューの心得、レビューの進め方など)を学習します。
  • 1日目の目標は「レビューの視点を知る」ということで、様々なレビューの種類を学び、どのような視点でレビューを行うかを学びます。
  • 2日目の目標は「レビューの技法を知る」ということで、インスペクションのプロセスを通じて効率的、効果的なレビューの仕方を学びます。
  • よりレビュー効果の高い、上流工程におけるレビューを意識したカリキュラムになっています。

達成目標

  • 様々なレビューの種類の違い、どのような視点でレビューを行うかの視点を習得する。
  • インスペクションのプロセスを通じて効率的、効果的なレビューの技法を習得する。

対象

業務でレビューを主催する方、もしくはレビューに参加する方

前提知識

なし

カリキュラム

1日目

◎オリエンテーション         【講義】

1.システム開発の現状とレビューの関係 【講義・演習】

2.システム開発の「見える化」とレビュー【講義】 

3.プロセスレビューでの「見える化」ポイント【講義・演習】

4.プロダクトレビューポイント実施における 【講義】

5.レビュー技法の種類と概要 【講義】

6.レビューの実施手法の5つの原則 【講義】

7.レビューを行う上で留意すること 【講義・演習】

8.レビューに関する課題ディスカッション【演習】

2日目

9.インスペクションの概要 【講義】

10.インスペクションプロセス  【講義・演習】
 (1)計画   
 (2)概要説明   
 (3)準備   
 (4)ミーティング   
 (5)修正、フォローアップ

11.インスペクションデータの分析・評価  【講義】

12.レビュー促進するには 【講義】

11.自分たちに合ったレビュー技法を考える 【演習】

◎総まとめ              【講義】

価格(ノンカスタマイズの場合)

※名古屋市内からの交通費と宿泊費が別途必要な場合があります

講師料:30万円(税別)

テキスト代:3,000円(税別) ✕ 研修参加人数

イメージ写真

coming soon

システム開発におけるレビュー技法研修への感想

このページを見ている方にオススメの研修