ITエンジニアのプレイングマネージャー化応援サイト

MySQLサーバーへのアクセスとMySQLWorkbench各部の名前

0.MySQL Workbenchからテーブルまでの道のり

MySQL Workbenchから目的のテーブルにたどり着くまでには、まず、「Connections」と呼ばれるMySQLサーバーを選択するところから始まります。

その後、スキーマをダブルクリックして選択します。

この操作はSQLの「use データベース名」に該当しますので、以降はSQLのDMLやDDLが使用できます。

また、直接テーブルを右クリックして操作できることも多くあります。

 

MySQL Workbenchからテーブルまでの道のり

MySQL Workbenchからテーブルまでの道のり

 

以下に順に見ていきます。

1.MySQL Connections から作成したLocal instanceを選択します。

 

2.MySQL Workbenchの画面が開きます。

MySQLWorkbench各部の名前

新人研修での主な操作は、

①スキーマツリーでスキーマを選択し、

②クエリーエリアでSQL文を発行し、

③サーバー応答で結果を確認する

の3ステップです。

 

3.スキーマを選択するには、スキーマツリーでスキーマをダブルクリックします。

MySQLWorkbenchスキーマの選択

択中のスキーマは太字で表示されます。

また、テーブルを選択するとアイコンが現れます。

左から順に①テーブルの情報表示、②テーブルの構成の変更、③テーブルの表示(“SELECT * FROM テーブル名;”)と同じです。

 

4.クエリーエリアではSQL文を入力して実行できます。

途中まで入力すると入力補完が効いて予約語やテーブル名、列名を補ってくれます。

入力補完の内容は上下の矢印で選択してエンターで確定します。

入力補完のマークの意味は以下のとおりです。

 

 

5.メニューバーの中で当社の新人研修でよく使うアイコンは以下の5つです。

①過去に作成したSQLファイルを開きます。

②現在のSQLファイルを保存します。

③クエリーエリアのSQLを全て実行します。

④カーソルのあるSQLのみを実行します。

⑤SQLを綺麗にフォーマットします。

 

以上。

MySQL Workbench の使い方へ戻る

PAGETOP
Copyright © Say Consulting Group, Inc. All Rights Reserved.