Print Friendly, PDF & Email

MySQL Workbenchを使ってスキーマとテーブルを作成する手順を解説します。

 

1.スキーマの作成

 
0.MySQL Workbenchを起動し、操作したいConnectionに接続します。
 
1.「Schemas」で右クリックして「Create Schema」を選択します。
mysql スキーマ 作成
 
2.スキーマ名を入力して「Apply」ボタンを押下します。
 
スキーマ作成2
 
3.スキーマ名やテーブル名は小文字でないといけません。以下のようなダイアログが出たら「OK」ボタンを押下することで自動的に小文字になります。
 
スキーマ作成3
 
4.発行されるSQL文を確認して「Apply」ボタンを押下します。

 

 
 
スキーマ作成4
 

2.テーブルの作成

 
1.テーブルを作成したい「Schemas」の下の「Tables」を右クリックしてポップアップメニューを表示し[Create Table...]メニューを選択します。
 
 
mysql スキーマ 作成
 
 
2.「new_tableダイアログボックス」が表示されます。テーブル名やCollation、データベースエンジンを選択します。
当社の新人研修では、テーブル名のみ入力し他はデフォルトのままで結構です。
 
 
mysql スキーマ 作成
 
 
3.テーブルの列を設計します。今回はid,name,priceの3列を定義します。
 
idはプライマリキーで、データタイプは10桁のINT、NULLを許容せず、桁が足りない部分は0で埋め、自動インクリメントする設定としています。
 
name,priceについても画像のとおりです。
 
ここで設定できる制約の意味はこちらにもあります。
 
mysql スキーマ 作成
 
 
4.インデックスが必要な場合は、[Indexes]タブからインデックスを定義する列を選択します。
なお、主キーには自動的にインデックスが張られています。
 
 
mysql スキーマ 作成
 
 
5.画面下部の[Apply]ボタンを押します。
 
6.実行するSQL文が表示されます。内容を確認し問題がなければ[Apply]ボタンをクリックします。
 
mysql スキーマ 作成
 
7.SQLが実行されます。
 
8.テーブルが作成されてもスキーマツリーには反映されていません。スキーマツリーを右クリックして「Refresh All」を選択します。
 
mysql スキーマ 作成

以上。

MySQL Workbench の使い方へ戻る