Webページで前回アクセス時のキャッシュが残り、次回アクセス時のフォームデータにデータが自動で入力されることを防ぐ

Webページがキャッシュされないようにするには、<head>タグに以下の3行を記入します。

<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">
<meta http-equiv="Cache-Control" content="no-cache">
<meta http-equiv="Expires" content="0">

最後までお読みいただきありがとうございます。

投稿者プロフィール

山崎講師
山崎講師代表取締役
セイ・コンサルティング・グループ株式会社代表取締役。
すべての無駄を省いた費用対効果の高い「筋肉質」な研修を提供します!